製品情報

最大限のパフォーマンス


使いやすい—元管理コントロールと、限界を作らないトラフィック・フローの最適化—Smart Mobileは無線LANネットワークのパフォーマンスを最大限に引き出します。もちろん、次世代の802.11nにも対応しています。

インテリジェント・スイッチングによる最適化


Smart Mobile のインテリジェント・スイッチングは、アプリケーションに応じてトラフィックを分散させる世界初の無線LAN アーキテクチャです。たとえば、VoWLAN ではわずかな遅延も許されません。Trapeze が米国で特許出願中の新技術、インテリジェント・スイッチングは、音声トラフィックを毎回中央コントローラには経由させず、アクセスポイント間で直接配信します。これにより遅延は最小化され、どんなに広大な施設もカバーできる VoWLAN が構築可能となります。

あらゆるアプリケーションに柔軟に対応


インテリジェント・スイッチングにより効率を最大限に高める一方、中央コントローラを経由させる必要のあるアプリケーションにも適切に対応します。たとえば、ゲスト・トラフィックは、ファイアウォールの外で処理しなければなりません。Smart Mobile は、すべてのゲストを所定のコントローラに導き、インターナル・ネットワークと完全に分轄します。このような柔軟な対応が可能なエンタープライズ無線LAN ソリューションはただひとつ
── Smart Mobile だけです。

802.11n を即時サポート


新世代の超高速ワイヤレス・テクノロジーのための新たな標準が IEEE802.11nです。すでに draft 4 まで進化しており、今後は新標準対応型の製品が一斉に発売されるでしょう。データ転送レートは現行の 54 Mbps から 最大 700 Mbps にも増加します。従来型の無線LAN コントローラでは、これほどのネットワーク負荷の増大には耐えられません。そのため、802.11n をサポートする高価なコントローラの購入を勧めているケースも少なくありません。Trapeze Networks 製品はご安心頂けます。Smart Mobile のインテリジェント・スイッチングは、12倍にも増加する負荷に対しても即座に対応するキャパシティがあります。既存のスイッチ・インフラストラクチャを丸ごと交換する必要などどこにもありません。

最低のコスト、最高のスケーラビリティ

インテリジェント・スイッチングにより取り除くことのできるプロセッシングの負荷は膨大です。データ配信、暗号化処理、ポリシー管理など ── コントローラからアクセスポイントまでの広範囲にわたります。負荷を劇的に軽減できる Smart Mobile ならば、スループットの 12倍の増加にもまったく問題なく対応できます。Smart Mobile のスケーラビリティは、他に類を見ない優れた効率を備えています。Cisco や Aruba のような中央制御方式のアーキテクチャでは、アクセスポイントを一つ増設するごとにコントローラの負荷が増加してしまいます。そのため、増設するたびに ── 非効率にも ── 処理能力の大きなコントローラに交換する必要性が生じてしまっていたのです。Smart Mobile は違います。アクセスポイントを増設することが、逆にネットワーク全体のプロセッシング能力向上につながります。この革新的アーキテクチャにより、中央制御方式では考えられなかった高効率と低コストを実現できるのです。

画像