製品情報

ワイヤレスネットワーク/Proxim Wireless 社

ORiNOCO AP-4000JP2(型番:7579-047J)

画像
ORiNOCO AP-4000 JP2 ( 7579-047J ) アクセスポイントは、多くのユーザーにご愛用頂いている
AP-4000 の機能をそのままに IEEE802.11a は新基準の W52/W53 ( 合計 8ch ) に対応。
勿論デュアル方式により IEEE802.11b/g の同時接続も可能です。

   屋外型アンテナのオプションもご用意しております(お問合せ下さい )

  • 自動、世界共通の Wi-Fi クライアント互換性。
  • スループット 40 Mbps ( 802.11g と 802.11a の同時通信時 )
  • 802.11b/gおよび802.11aで不正なアクセスポイントを自動検知。
  • イーサネットケーブルがない場所でも、ワイヤレスで AP を拡張。
  • 外部アンテナコネクタ ( オプションのアンテナ接続により通信距離を拡張 )
  • 大きなメモリ搭載。ソフトウェア更新によるアップグレードも容易。
  • 無線インタフェースごとに16まで VLAN を指定、クライアントの論理的なグループ化が可能。
  • WPA ( Wi-Fi Protected Access ) によるセキュリティをサポート。
  • ソフトウェアの更新で AES,802.11i にもアップグレード。

 

《注意点》
W53 を搭載するAPには「 DFS ( Dynamic Frequency Selection ) 」の
機能をつけることが条件となっています。
これは、動的周波数選択 ( 干渉を回避する機能 ) といい、目的としては同様の電波域を利用する
気象レーダなどの電波を感知してアクセスポイント側のチャンネルを切り替えます。
従って、W53 に関してはチャンネルを指定することはできません。

( 参考としまして )
現行モデルのORiNOCOAP-4000 ( 7579-0472 ) は、J52 対応として継続して販売いたします。
J52 対応機器のご利用および販売は継続的に認められておりますので、ご安心してご利用頂けます。

【製品仕様】

AP-4000 JP2
型番 7579-047J
イーサーネット I/F 10/100 Base-T Ethernet ( RJ-45 )W
無線 I/F 1つの内蔵 802.11b/g 無線カード
1つの内蔵 802.11a 無線カード ( W52/W53 )
RS-232 I/F ユニットの設定
外形寸法 2.7 x 12.0 x 18.3 cm
重量 300 g
動作環境 温度:0~55 ℃、湿度:0~95 % ( 結露なきこと )
電源供給 本体にアクティブイーサネット機能を内蔵  IEEE802.3af        
オートセンシング 100/240 VAC; 50/60 Hz
LED表示 LED1 : 電源
LED2 : 無線アクティビティ 802.11a
LED3 : 無線アクティビティ 802.11b/g
LED4 : イーサーネットLAN アクティビティ
管理 SNMPv1, SNMPv2 およびSNMPv3マネジメント
ORiNOCO MIB, Etherlike MIB, 802.11 MIB, Bridge MIB, MIB-II
TFTPサポート/Syslog
Telnet CLIによる設定
HTTPS ( SSL ) による安全な設定、管理
WaveLink Mobile Managerによるグループ管理 (含まれず )
DHCP サーバおよびクライアント
同梱 ソフトウェア、Installatin Guide、ケーブルカバー、壁掛け用ブラケット
関連製品 ORiNOCO デュアルバンド屋内アンテナ ( 7579-K680 )


| |